「子ども・若者ご縁づくり」とは? 手を合わせお念仏申す人になってもらいたいこれが私たち共通の願いです

新たな始まり

キッズサンガは「ご縁のある大人たちが全ての子どもと接点を持ち子どもとともに阿弥陀さまのご縁に遇っていこう」と、浄土真宗本願寺派(宗派)が全寺院を挙げて2007年から始めた取り組みです。
2014年から若者層(中学生・高校生・学生・社会人など)へ働きかけを強めていくために、これまで「青少年教化活動」としていたものを「子ども・若者ご縁づくり」としたうえで、「キッズサンガをさらに」展開していこうと新たな歩みを始めました。
宗派では「子ども・若者ご縁づくり推進室」を開設し、全寺院を挙げて生まれたての赤ちゃんから、40歳未満の方々に「手を合わせ、お念仏申す人」になってもらうことを目標に、そのご縁を「つくり」、そのご縁を「つなぎ」、そして「深める」ことに取り組んでいます。
この「ご縁づくり」は「次世代と共に」ご縁に遇っていくことを大切にしています。

子ども・若者ご縁づくり基本方針

次代を担う人の育成「子ども・若者ご縁づくり」「次世代と共に」が私たちのテーマです

「あらゆる人々に阿弥陀如来の智慧と慈悲を伝え、もって自他共に心豊かに生きることのできる社会の実現に貢献する」(浄土真宗本願寺派宗制:前文)ことを目的としています。

「武力紛争、経済格差、気候変動、核物質の拡散など、人類の存続に関わる課題が露呈」と専如ご門主がご消息の中でお示しのように、私たちの自己中心的なものの考え方が、社会のあらゆるひずみを増幅させ、人びとの生きづらさなどを生んでいるようです。
とりわけ子どもたちや若者たちは、その影響の中で生きづらさを感じている方が多くあります。
私たちは阿弥陀如来が、すべての生きとし生けるものの上に願い続けてくださる智慧と慈悲の心を、この私に掛けられた願いと聴くなかで、自己中心的にしか生きていけない自分の愚かさに気づかされます。そこから、他のいのちへの敬いと、いのちを尊ぶ私になろうとするところに「心豊かに生きることの出来る社会の実現」があると思います。

「手を合わせ、お念仏申す人になってもらいたい」
これは私たち共通の願いです。

合掌することに慣れていない方が多くあるようです。またお念仏を申すことにも慣れていない方も多くあります。また周りにお念仏を申す方が少なくなっているのが現代です。
人は環境に育てられるといいます。家族形態が近年激変していますので、かつてのような家庭での伝承が困難な状況になってしまいました。また身近にいる私たち大人自身が日頃の生活の中で「手を合わせ、お念仏申す」姿を見せていないのかも知れません。
まずは「合掌すること」「お念仏を称えること」に慣れ親しむ環境づくりが急がれます。
ひとりでも多くの方々が、お寺を居場所にしてくださり、違和感なく「手を合わせ、お念仏申す人に」なってもらいたいと思います。また私たちと共にお寺の法座で阿弥陀さまのお話を聞く人となってもらいたいと思います。
それは自分だけの力で生きているのではなく、多くのものに「支えられ生かされている」ことに気付くことであり、「心豊かに生きることの社会の実現」への第一歩があると思います。
私たちはご縁に遇っているものとして、目標に向かって歩み続けたいと考えています。

目標に向かって、私たちは計画を立てました。
これは家庭・寺院・組(お寺の地域のグループ)・教区それぞれの場で取り組んでいくこととしています。

  • キッズサンガをさらに
  • ご縁が少しでものある若者へ アプローチ1
  • ご縁のなかった若者へ アプローチ2
    (生きづらさを抱えている子ども・若者への寄り添いを含む)

これらを具体的に取り組んでいきます。

専如ご門主の法統継承に際しての消息で

「宗門の現況を考えます時、各寺院にご縁のある方々への伝道はもちろんのこと、寺院にご縁のない方々に対して、いかにはたらきかけていくのかを考えることも重要です。本願念仏のご法義は、時代や社会が変化しても変わることはありませんが、ご法義の伝え方は、その変化につれて変わっていかねばならないでしょう。現代という時代において、どのようにしてご法義を伝えていくのか、宗門の英知を結集する必要があります」 と申されたように、「子ども・若者ご縁づくり」に全寺院が取り組むにあたっては「既成概念にとらわれない、大胆な発想と手法や言葉などを駆使して、若者たちが、これらにまず馴染んでもらえる『ご縁づくり』から」(基本方針より)始めたいと考えています。

乳幼児期からポスト青年期までという幅広い方々への「ご縁づくり」としますから いままで「青少年」といっていたものを「子ども・若者」としました。
その子ども・若者たちは、仏教やお寺とのご縁が薄くなっている現状があります。
仏教やお寺に親しみを感じてもらうことから始めていくことが大切と考え、それらのご縁に遇ってもらう教化活動を「ご縁づくり」としました。

子ども:乳幼児期・学童期及び思春期にある者をさします
若 者:思春期、青年期の者、40歳未満のポスト青年期を含みます
ポスト青年期とは、青年期を過ぎ大学などで、社会の各分野を支え、発展させていく資質・能力を養う努力を続けている者や、円滑な社会生活を営む上で困難を有する40歳未満の者をさします

キッズサンガをさらに「お寺を子どもの居場所」に

前門さまのキッズサンガへのメッセージです 子どもたちとともに

このたび、宗門長期振興計画の重点項目として、<次代を担う「人」の育成>が挙げられ、青少年教化に取り組むため、「全寺院『子どものつどい』-キッズサンガ-」が推進されることとなりました。
キッズサンガのめざす「お寺を子どもの居場所に」とは、単に「お寺を子どもたちの遊び場に」ということではなく「子どもたちが阿弥陀如来の願いの中に心をひらき安らいでいける場。また、その子どもたちとともにすべての人びとの居場所となれるお寺に」という願いが込められていると思います。
今、急激な社会の変化のなかで、一人ひとりのいのちの根本が揺らいでいるように思います。そのような現代社会にあって、子どもたちを護りはぐくむべき大人自身が余裕を失い、子どものいのちが脅かされていることに、危惧の念を抱かざるを得ません。
子どもたちに寄り添うキッズサンガの取り組みを全国のお寺で展開し、お寺を構成する門信徒・僧侶が、地域社会との交流を含め、人びとの悩みや思いを受けとめ、互いに支え合う取り組みをすすめることで、ともにいのちかがやく世界へとすすんでいくことを期待します。

2007 年(平成19)年 門主 大谷光真

宗派では親鸞聖人750回大遠忌「宗門長期振興計画」を立て、2007(平成19)年から、<次代を担う「人」の育成>をめざし「全寺院『子どものつどい』-キッズサンガ-」の運動をはじめました。
これは「ご縁のある大人たちが、すべての子どもと接点を持ち、子どもと共に阿弥陀さまのご縁に遇っていこうとする運動」としての取り組みでした。
2014(平成26)年の専如ご門主法統継承をご縁に、これまでのキッズサンガの成果と反省を踏まえ「次世代育成は私たちのテーマ」と捉え、これを青年層をも含んだ取り組みとして力強く推進していこうと、総局に「子ども・若者ご縁づくり推進室」を設置し、「キッズサンガをさらに」取り組んでいます。

なまえの由来

キッズサンガの名前の由来は キッズ(Kids)は「子どもたち」、サンガ(Sangha)は「仏教徒の集団」の意味があります。これをあわせて「お寺に集う子どもたち」とした造語です。
「お寺を子どもたちの居場所に」という、私たちの願いを表すものとして名付けました。

宗門内の教育機関におけるご縁づくり

本願寺では御正忌報恩講期間中に「本山成人式」、宗門関係学校卒業生の「帰敬式」・新入生の「参拝式」、宗祖降誕会への生徒・学生の参拝などを実施しています。
全国では「保育連盟」に加盟する幼稚園、保育園、認定子ども園などで、幼児期から宗教的情操を育む浄土真宗ならではの「まことの保育」がなされています。
また宗門には親鸞聖人の教えを建学の精神とする龍谷総合学園(加盟校数70)があり、小学生から大学生年代までの方たちが、宗教の時間や仏教行事などを通して、仏教に親しみ、仏教的生き方について学んでいます。
ご門徒の皆さまに、寺院が経営する園や宗門関係学校に入園や進学をお奨めしましょう。

これまでの歩み主な出来事

2007年度(平成19)
  • 宗門長期振興計画推進対策室に「寺院活性化推進部」(現在の寺院活性化推進担当)」が新設され、キッズサンガの推進を所掌するとともに、青少年教化対策の具体的施策として策定された「全寺院『子どものつどい』キッズサンガ」を円滑に推進すべく「中央キッズサンガ推進委員会」が設置される。
  • 各教区(沖縄県宗務特別区含む)に対し、下記のとおり助成される。
    • 活動事務助成費(教区推進委員会における会議・事務通信経費)
    • 少年教化サポーター養成研修助成費(組のサポーター養成にかかる経費)
    • 活動助成費(教区内寺院におけるキッズサンガ実施の基盤整備にかかる経費)
2008年度(平成20)
  • すべての教区(特別区)に「キッズサンガ推進部門」が設置される。
2009年度(平成21)
  • 教区推進部門との連携を強固にするため「教区連絡協議会」の実施を全教区に依頼。
2010年度(平成22)
  • 親鸞聖人750回大遠忌法要を翌年に控え、「お寺を子どもの居場所に」というキッズサンガの願いの底にある「寺院の役割」を再確認するため、全アドバイザーを対象として「全アドバイザー会同」を開催。
2011年度(平成23)
  • 親鸞聖人750回大遠忌法要「子どものつどいin本願寺~本願寺キッズサンガ・児童念仏奉仕団~」が7月25日~30日の間、一泊二日の日程にて3回にわたり行われ、全国から約5,400名の小中学生および引率者が参加した。運営スタッフは一般公募にて申し込まれた10代から80代までの241名にて組織された。
2012年度(平成24)
  • 「短期目標を終えての総括書」を作成、各教区(沖縄県宗務特別区含む)、各アドバイザーへ配布。
2013年度(平成25)
  • 総括書を元に「キッズサンガをさらに」展開するべく、キッズサンガの願い(理念)を「ご縁のある大人たちが、すべての子どもと接点を持ち、子どもとともに阿弥陀さまのご縁に遇っていこうとする運動」と示し、これを「3つのかたち」と「3つの視点」をもって引き続き取り組むために「キッズサンガ推進ガイドライン」を発行し全寺院に配布。
  • 青年層への働きかけに注力するために「青年教化についての意見聴取」が始まる。
  • 「青年教化推進委員会」が設置され、青年層への教化活動の可能性について協議が始まる。
2014年度(平成26)
  • 「宗務の基本方針」に青少年教化活動が取り上げられ、これに重点的に取り組むために、宗門長期振興計画対策室が所掌していたキッズサンガを、総局に「子ども・若者ご縁づくり推進室」を特別部門として新設し、これにあたることになった。
  • 推進室にマネージャー6名が置かれ、「ご縁づくり」活動推進会議を構成する。
  • 「子ども・若者ご縁づくり」と青少年教化活動の呼び方を変えたうえで、ご縁づくりの基本方針を「中央キッズサンガ推進委員会」「青年教化推進委員会」の意見を聴取し策定。
  • 法統継承を機に専如ご門主臨席のもと「全アドバイザー会同」を9月に開催し、「子ども・若者ご縁づくり」・キッズサンガをさらに展開していくことを確認。
  • ・推進室が全教化団体と龍谷総合学園の各代表者を招聘し「子ども・若者ご縁づくり」基本方針と、若者の現状及び宗門校における宗教教育の現況について研修協議会を開催。今後、情報交流などを緊密に取りながら連携を深めていくことを確認。
  • 推進室とマネージャーが各教区へ出向し「基本方針の周知徹底」をはかる。
2015年度(平成27)
  • 「ご縁づくり」活動推進会議に、有識者により構成する3部会が設置される。
    (思春期若者支援部会・企画事業部会・教材情報部会)
  • カルトへの注意喚起パンフレットを龍谷総合学園の協力のもと全寺院に配布
  • ホームページリニューアル
  • 「子ども・若者を知るための公開シンポジウム」開催
    (京都・本願寺6月3日)(東京・築地本願寺9月30日)
  • 全国高校生「平和を学ぶ集い」in 沖縄を開催。
    8月4日~6日(2泊3日)