あそびのレシピ 子どもたちと一緒になってあそんでみませんか?工夫次第では若者や大人同士のご縁づくりにも活用できます

子どもは「あそび」ながら学ぶといわれています。
ただ単に余暇を楽しむというものではなく、あそびを通して相手との信頼関係を築いたり、仲良くなったり、人間関係のルールを身につけることができると言われています。
あそびをリードするときは、声を大きくしたり小さくしたりすることで、子どもの耳を傾けさせることも必要です。
「あそびのレシピ」は主に「九州遊びの研究所」所長の中島宏先生にご協力いただいています。「少年連盟」・「九州遊びの研究所」のホームページにも沢山掲載されていますので、参考にして下さい。