進化論ジャンケン中島 宏

遊びの中には競争をするものが数多くあります。先に行く人の記録を超えようとします。言い換えれば、目標を定めそこに達成するため色々な努力をします。
今回は達成した人の「役割」を自ら考える遊びです。遊び終わったら体験したことを現実社会に置き換えて、あなたの「役割」を考えてみませんか。

準備

人数 20人以上
場所 教室や体育館
道具 なし

遊び方

  1. 全員を2~4つのグループに分けます。
  2. まず、進化の過程の生物とその生物を表す動作を決め、練習をしましょう。 進化の過程の生物は次のとおりです。
    アメーバー→卵→鶏→人間→宇宙人(少し減らしてもいいです)
  3. 同じ生物同士がジャンケンをして勝つと1つ進化します。
    負けると1つ後退します。
    違った生物とはジャンケンはできません。
    しかし宇宙人だけは誰とでもジャンケンができますし、負けても後退しません。
  4. 作戦タイムを持ってからスタートします。
    自分と同じ種族を探すため、動作を大きくしてアピールしましょう。
  5. リーダーの「やめ」の合図があった時、どのチームがたくさん宇宙人になっているかを競います。