子どもや若者に特化した集いでのご縁づくり

ご縁のある大人たちが、次世代と共に楽しみながら…
若者時代にお寺で体験した印象は一生の「心の原風景」になっていきます。

  • 日曜学校・子ども会やスカウト活動

    定期的に開催することで、お寺にお参りする習慣が身に付きやすい活動です。子どもの声のするお寺は地域の方にもよろこばれています。たとえ一人しか来ない日があっても続けてみましょう。

  • お泊まり会~サマースクールなど~

    お寺に友だちと一緒に泊まるという経験は、こころに残る大きな経験です。
    一日お坊さん体験などと銘打って、お寺に親しみを持ってもらいましょう。

  • 報恩講~子ども・若者報恩講~

    恒例の報恩講とは別に「子どもや若者の報恩講」を勤めてみましょう。
    中学生や高校生がリーダーになって子どもたちと一緒に開催します。普段とは反対に、そこに大人を招待するという発想も面白いかも知れません。

  • 本願寺児童念仏奉仕団

    親鸞聖人のみ教えに学び、本願寺の清掃奉仕を通して次代を担う宗教的情操豊かな子どもの育成を目的として、昭和41年からはじまった歴史ある本願寺の活動です。
    10名以上の団体で申し込むことができます。
    夏休みの想い出づくりにも最適です。ご参加ください。


    詳しくは本願寺 児童念仏奉仕団のページをご覧ください。

  • ※子どもや若者に特化した集いなどの進め方でお困りの方は「子どもの集い」などの進め方をご覧ください。