東海教区事例紹介~組で取り組むキッズサンガ~

軽トラックに乗せた白像を先頭に、花御堂や子どもスタッフの車数台が連なり、春風を扇ぎながら参拝者が待つ寺院へ向かう「鈴鹿組はなまつり」。見所はお勤めや灌仏のあとに、子どもスタッフが紙芝居付きの朗読と歌を披露する場面。年に一度組全体で取り組む「はなまつり」は、各教化団体代表者や基推委員とキッズサンガ委員で結成された実行委員会による行事。各々の立場で子ども達と共に手を合わすご縁づくりに取り組んでいます。