乗り換え列車中島 宏

遊びの中には「いす取りゲーム」のように、ひとつ少ないものを争って取り合うことを楽しさの原点にしているものもあり、運のいい人・要領のいい人がうまく立ち回ります。 今回のゲームは、急がなくてもあなたの居場所が必ずありますよ。あわてず探してみましょう。全員が揃ったことに安心感を見出してほしいゲームです。

準備

人数 30人以上
場所 全員が自由に動ける場所
道具 なし

遊び方

  1. 3人1組になり、縦1列に並びます(人数の関係で一部4人組でも大丈夫)
    先頭は運転手さん、最後尾は車掌さん、真ん中はお客さんとなります。
    お客さんと車掌さんは前の人の肩の上に手をおきます。
    「線路は続くよ」の歌に合わせ、運転士さんは二人を連れて会場内を自由に行進します。
  2. 号令に従って行動します
    スイッチ:
    進行方向が変わります(全員が反対を向きます)。
    車掌が運転士に、運転士は車掌になります。
    交代:
    進行方向は変わりません。
    運転士が車掌に、お客さんが運転士に、車掌がお客さんになります。
    乗り換え:
    お客さんが今乗っている列車を離れ、他の空いている列車に乗り換えます。
    新しいお客さんが乗った列車はまた行進を始めます。
  3. お客さんが乗れる列車は必ずありますし、列車にはお客さんがちゃんといます。
    メンバーの足りない組は呼び込みをして揃えましょう。
  4. しばらくすると、全然知らなかった3人組ができあがります。